mv

フランチャイズの資金計画

img フランチャイズ募集情報 独立開業・フランチャイズWEBサポートです。

フランチャイズ加盟するという事は、本部の社員ではなく、独立・開業する事です。ですから、経営責任は自分にあり、「開業さえしてしまえば後は何とかなるだろうという」甘い考えを持っていてはいけないのです。
この様な考え方をしていては、資金計画も甘くなり後で大変な事態になってしまう
可能性もあるのです。
フランチャイズ加盟の場合は、初期費用やその他にどのくらいの資金が必要になるのかしっかりと計画を立てる事が大切なのです。

では、いつどのような事に資金が必要なのでしょう。
まず、本部とフランチャイズ契約をする前にある程度の自己資金を用意する必要が
あります。契約を行うと、加盟金や保証金、立地調査費、研修費、
ノウハウ使用料、宣伝企画料、什器・備品代、商品代、商標・マーク、等の支払いを行います。これらの内容のものが全て加盟金として請求される場合もあります
ので、全体で必要な費用のうち少なくとも30%程度は用意しておくようにしま
しょう。全体の50%程度用意出来るのが理想的です。

ちなみに、開業資金の50%以上の資金を準備する事が出来ないと、契約してもらえなかったり、一定額の自己資金がある事が金い条件となっている本部もあります。ですから、資金計画と言うのは、とても重要になってくるのです。
開業後は運転資金も必要になりますし、ロイヤリティや研修・指導料、広告分担費等も毎月必要です。それから、最低でも6ヶ月分異常の生活費も計算に入れて確保
しておく様にすると、安心ですね。

img ゼロからはじめられるフランチャイズ経営の成功ノウハウはコチラで。